2017-05-17

オシャンなアートに触れる1日♡「片山正通的百科全書」

情報通のお友達が東京に遊びに来るとのことで、
アートに触れる1日デート決行♡

まずは、彼女の一番の目的地、
「片山正通的百科全書」へ。

入り口すぐに、
片山さんのワンダーウォールのオフィスのね、リアルな全体模型があってね、

実際のオフィスの映像も流れてて、見れるんだけど、

入り口からね、
もうすでにヤバイの!

ここで、30分ぐらい…いた気がする…(笑)

しかも、館内は一部を除いて、撮影OK!

で、
やっと進んだと思ったら、

見える?遠くに(笑)
もう、向こうに待ってるよね。彼が(笑)

はいっ、ドナルド・マクドナルド!

同じポーズ。
そりゃ、やっちゃうよね〜(笑)

コレクションが多岐にわたっていて、
膨大な量なんだけど、
巨大なサボテンとかあったし!

いろんな種類のアートがあって、
いちいちオシャンだった(オシャンティってことね(笑))

剥製の大きな彼がお出迎えしてくれて、

たくさんの小さな剥製たちもいたよ。

巨大な木彫りの女の子達。

これ、いつもどこに置いてあるんだろう…と、
なぜか収納の心配をしてしまった(笑)

現代アートもたくさんあったし、

またも剥製がいるし、

どこで見つけてきたの?なコレクションもあるよ。

このおさるさん可愛かったな〜。

あれ?片山さん本人フィギア?

インテリアデザイナーさんなので、オシャンな家具の展示もあります。

ここに住める!って、何度連呼したことか(笑)

個人的にこの作品が好き。

片山さんのオフィスのトイレに飾っているらしいよ(笑)
なんて、贅沢なんだっ!!!

本当、オシャンな人がコレクターで集めていた作品たち。

素晴らしかった。

写真は、ほんの一部。

まだまだ素敵なものがあって、
最後まで、見たけど、
まだ見たいって、出戻る私たち。

そして…

最初から見直す2人が…
ついついやりたくなってしまったことが…

ぶっ!
セフルタイマーでの撮影(笑)
だって、この展示ってば、撮影OKなんだもん。

しかも、平日だったから、
人も少なめで、
やりたい放題。ごめんなさい。

一押し、女豹ポーズ(笑)

この時とか、もはやスタッフの人に笑われてたもんね(笑)

カメラ目線バージョン(笑)

完全にバカ…(爆笑)
おふざけすぎる(笑)

もうね。
友達の家に遊びに来たみたいに、はしゃいでしまいました(笑)

終始大爆笑(笑)
声のボリュームを抑えるのに必死(笑)

*注意*
良い子はマネしてはいけません。
大の大人がやることではありません。
楽しすぎて、キノコが生えても知りません。

最後は、彼がお出迎えしてくれます。
私たちの代わりに、謝ってくれてるようだった(笑)

いはやは、こんなに楽しめる展示は久々だったな〜。

何度でも見たくなるコレクションでした!!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

片山正通的百科全書 @東京オペラシティ/アートギャラリー
Life is hard… Let’s go shopping.

The Encyclopedia of Masamichi Katayama “Life is hard… Let’s go shopping.”

期 間:
2017年4月8日[土]─ 6月25日[日]
会 場:
東京オペラシティ アートギャラリー[3Fギャラリー1, 2]
交通アクセス フロアマップ
開館時間:
11:00 ─ 19:00 (金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:
月曜日
入場料:
一般 1,200円(1,000円)、大学・高校生 800円(600円)、中学生以下無料

*同時開催「収蔵品展058 ブラック&ホワイト ─ 色いろいろ」、
project N 67 田中彰」の入場料を含みます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

10+

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です